FC2ブログ

キッチンで暮らしたい

道東の地元工務店さんで家を建築。キッチンに特に思い入れがあります。好みのテイストはカントリー系。フランスやイタリアの田舎のコテージとかの雰囲気が好きです。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 新居建設中のトラブル回顧録[2]~ 間一髪だった!?住宅ローン審査TOP新居建設回顧録 ≫ 新居建設中のトラブル回顧録[2]~ 間一髪だった!?住宅ローン審査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

新居建設中のトラブル回顧録[2]~ 間一髪だった!?住宅ローン審査

前回の記事でペレットストーブの補助金30万と書いたのですが
確認したら20万でした(;・∀・)
まあ、でもやっぱり庶民にはそれなりの金額ですね。

それでですね、市役所でペレットストーブの補助金申請に必要な納税証明を貰おうとしたら
旦那の当時の会社が住民税を滞納していたために、出せないと言われたわけです。
当時の会社…H社としましょうか。
私から連絡を受けた旦那が、H社の経理担当にすぐに確認したんですよね。
すると『自分ではわからないから、社長に確認して』と丸投げされたそうで…(-_-)
経理担当が知らないわけないと思うんですけどね。
それでも食い下がっても仕方がないので、旦那は直接社長に確認したわけです。
そして
住民税を会社が滞納してるということが判明した訳ですよ。

H社の社長…こちらはT社長としますが、T社長に当然税金を即刻納めるように旦那は要請しました。
しかしまあ、のらりくらりとT社長はなかなか収めてくれないんですよね。
当時のT社長は市役所の担当にかけあってみたけど、難しい…とか言って一向に住民税を納付しません。
そもそもかけあうって、何を?なんですが。
もしかして、うちの分だけ払おうとしたけど、全員分納付じゃないとだめとか断られたのか?と推測したりもしたんですが。
もう待っていてもラチがあかないので、再度私が直接市役所に行って事の次第を相談にあがりました。

夫の会社で給与から天引しておきながら、個人住民税の納付を滞納してること。
社長に納付するよう夫がかけあったものの、社長が一向に納税しようとしてくれないこと。
新居建築に伴い、ペレットストーブの購入の補助金を申請したいのだが、それがこのままではできない
期限もそれなりにあるので、間に合わなくなってしまうこと…などなどを訴え
なんとか市役所さんから働きかけてくれないかという感じで、市役所の担当者さんにうかがったわけですね。

結果的には、これがよかった。

その場で少し席を外した市役所の担当者さんが戻ってきてから
『H社の社長さんに、明日までにそちらの分だけでも納付すると確約してもらいました』と。
思いの外のスピード解決\(^o^)/

そしてペレットストーブの補助金の申請書類の方も、担当部署に事情を話して待っててもらえるようにしてくれました(´;ω;`)
いや~、相談に行って本当によかった!
ありがとう、市役所さん!

それでまあ、後日納税証明書も入手できまして。
ペレットストーブの補助金申請も手続きもあとは滞りなくできまして、めでたく補助金ももらえたんですがね。
本当に心臓に悪い出来事です。

私が市役所に行った日、旦那が社長から
『奥さん、市役所に行ったんだって』と言われたそうな。
行きましたとも。当然でしょ(*`ω´*)
まさかこんな事態になってるのに、ただただ大人しく待ってるとでも思われてたのか。
旦那は「そりゃ行きますよ。怒ってましたからね」って返したそうですが(笑)
なんか市役所に行かれると、困ることであったんですかね、T社長。

そう言えばT社長の言ってた市役所にかけあったけど難しい…ってのは一体なんだったのか未だに不明です。
市役所さんの対応から、とりあえずうちの分だけ納税するってのはできるようだったし…(ただこれはしっかり確認したわけではないので推測なだけなんですけどね)
その後旦那の転職時のT社長の嘘ばっかりの言動からも、実際にはT社長はなにも市役所にかけあってもいないし、なにもしてなかったんじゃ…的な疑惑が私の中では濃厚です(#^ω^)
とりあえず口先だけでごまかして、時間稼ぎしつつ、こっちがあきらめるのを待つ戦法のつもりだったんじゃないかと疑ってます。
そんなんこっちもあきらめるわけないんですけどね。

この未納事件のさなか、他にもT社長からは
『補助金はいくらなんだ?こっちから出せばいいんだろ』的な提案(?)をされたそう。
でも20万って旦那が答えたら『う-ん…』って返答に詰まってたそうですよ(;´∀`)
数万円とかだと舐めてかかってたんですかね。
つか、そういう問題じゃないんですよ。
税金を未納にするということを、すっごく軽く考えてるのかなと。
税金の未納なんて、とっても不名誉な事態だと思うんですけどね。
しかも個人住民税は、会社が未納にしてても、未納という不利益は個人に覆い被さるんですよ。
しかもしかも、毎月給与から天引されてるんですよ、こっちは(# ゚Д゚)
それなのに納税をしてない市民として記録されるなんて、たまったもんではありません。

住民税は未納になっていると、公的な補助金は受けれなくなりますし
もちろん住宅ローンの審査にだって、大きく響くんじゃないかと思うんですよね。

今回不幸中の幸いだったのか
住宅ローンの審査の頃までは、住民税は納付されていたようだったことですか。
あと1ヶ月でもずれてたら
もしかしたら税金未納で
住宅ローンが通らなかったんじゃ…((((;゚Д゚)))))))
そう考えると、ある意味絶妙なタイミングでの新居建築だったわけですよね………。

▼ランキング参加中です。よかったら、ポチっと(^ x ^)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。